ボーネルンドあそびのせかい 広島パセーラ店ブログ

おはなしドールハウスであそぼう!

2020.12.07

カテゴリー:未分類

みなさまこんにちは。
新商品が続々と入荷してきました。
本日ご紹介するのは、「おはなしドールハウス」です。

みなさんご存知の「3匹のこぶた」「ヘンゼルとグレーテル」「3匹のくま」がドールハウスになって登場です。
こぶた
ヘンゼル
くま
税込4,620円(3歳頃~)
お家を組み立てて、お話あそびからごっこあそびまで、これひとつで楽しめます。
EVA素材という硬めのスポンジのような素材で出来ているので軽くて丈夫です。
知っているお話を自分の言葉で表現したり、オリジナルのお話を作ったりすることで、創造力と創造性を育み、言葉の発達も促します。

★ごっこあそびの向き合い方★
ごっこ
「あら大変!それでどうなったの?」
「わたしは、どうしたらいいかしら?」
「○○はありますか?」
「こんな気持ちだったんだね」
など、一緒にあそぶ時は、お子様の想像を引き出すお声掛けや共感をしてあげてください。
いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どうしたのか、を尋ねると自然とお子様が考えるきっかけになります。
お話の世界の中では、子ども達も強くなったり、相手の気持ちになりきったり、怒ったり悲しんだり喜んだり、様々な感情表現をする機会になります。
普段は自分で言葉にできない感情を、ごっこあそびの中で誰かになりきって発信することでストレスを発散することもあります。

また、途中でお話を抜けなきゃいけない時もありますよね?
そんな時は、役になりきって「大変!ご飯をつくる時間だから今日は帰るね。またあした!」などと、お話に合わせて役を退場するのはどうでしょうか?
「お母さん○○する時間になったから、魔女の役もお願いしていい?」とお願いするのもいいと思います。
そして「どんなお話になったかまた教えてね」と続きを楽しみにしていることも伝えてみてください。
元のお話を知っていると、ついつい「藁の家の次は木の家よ」と、修正・誘導したくなりますし、家事やお仕事もある中で、長時間一緒にあそぶのも大変。
ごっこあそびに苦手意識がある親御さんもいらっしゃると思います。
お話どおりに進める必要はありませんし、無理にお子様の世界に大きな変化をつけなきゃ、と頑張る必要もありません。
その時々のお子様の気持ちや空想の世界を大切に、その時しかできない、唯一のお話を親御さんも楽しんでくださいね。
ごはん

ボーネルンドでは、ウィンターフェアを開催しています。
12/25までは、平日限定で、お孫様へのギフトが10%割引になる「孫ギフト応援割引」もやってます。
Print
パセーラ店では、お電話で代引き配送も承っていますので、店頭にお越しいただくのが難しい時は、ぜひお電話ください。
それでは、楽しいクリスマス・年末年始をお過ごしくださいね!

営業時間のお知らせ
【キドキド】10:00~17:00(16:30最終入場)
【ショップ】10:00~18:00

ボーネルンドあそびのせかい広島パセーラ店
キドキド:082-502-3434
ショップ:082-502-3411