ボーネルンドという企業は
”おもちゃ屋さん”の会社?

ようこそ、ボーネルンドへ

まずはコーポレートサイトをお読みください。

エントリーシートを
ダウンロード

ボーネルンドで働く人たち

根岸 亜里沙

根岸 亜里沙

ボーネルンドのインストラクターとして

私はストア営業部に所属しています。ストア営業部は全国に80店舗を構える「ボーネルンドショップ」を運営する事業部門です。私は2013年に新入社員として入社しました。はじめは大阪営業所管轄の店舗に配属になり、接客の基本や、立ち居振る舞いを学びました。取扱い商品(あそび道具)の知識や、子どもの発達段階、現代の子どもを取り巻く環境の知識など、ボーネルンドで働くうえで必要な基礎知識を学び、身につける期間だったと思います。
いくつかの店舗を経験するうちに、自分の接客方法にも変化が生まれました。接客をする際、はじめのうちは商品についてお話をすることが多かったのですが、同じお客様が何度か来店されるたびに、心を許していただけたのか、お子さまの悩みを話してくださるようになりました。私は大学時代に保育について学んできたので、そこで得た知識を活かしながらお話をさせていただくうちに、お客様から感謝の言葉をいただけるようになりました。信頼関係を築くことで、お客様に伝えられる内容が変化するのだと学びました。

ボーネルンドショップの店長として、立つ

入社3年目に東京営業所管轄の店舗へ異動しました。以降は、ボーネルンドショップの店長として現場に立ちながら、店舗責任者としてマネジメントスキルを学んでいるところです。 店長業務の内容は様々です。接客以外にも運営管理、商品管理、人材育成、勤怠管理など・・・
接客については、来店されたお客様への対応や、電話対応など。一人のインストラクターとしてお客様とのコミュニケーションを楽しみながら接客にあたっています。運営管理においては、売上の管理、昨年実績や売上進捗の分析なども行います。また店舗スタッフのマネジメントや人材育成も重要な仕事です。スタッフの職場環境をより良くするために、カウンセリング(面談)を定期的に行います。私たちの店舗は百貨店やショッピングセンターにテナントとして入り、店舗運営をしています。テナントとして入っている商業施設の担当の方に情報共有や企画提案をしたり、ときに会社の窓口として交渉をすることもあります。在庫管理や商品の入荷状況の把握、発注、店頭展開方法の考案など・・・お店を運営していく為に必要な情報を集め、スタッフの体調や日々の様子も把握しながら、お仕事にあたっています。

私の強みは、「人を観察する能力」です。店舗でスタッフのマネジメントをするうえで、スタッフが考えていることや、性格、行動等を観察することがあるのですが、この能力はお客様や遊んでいるお子さまが今何を考えていて、私たちに何を求めているのか、ということにもつながってくるので、大切な強みだと思っています。
「ボーネルンドショップ」は会社とお客様を繋ぐ窓口です。お客様のニーズや消費動向などの情報をキャッチして、会社へと繋げることも私たちの大きな役割の一つです。私たちの扱うあそび道具を作っているメーカーの想いを商品(あそび道具)やコミュニケーションにのせて、これからもお届けしてゆきたいと思います。

ボーネルンドで 働く人たちトップページにもどる

エントリーシートを
ダウンロード