ボーネルンドという企業は
”おもちゃ屋さん”の会社?

ようこそ、ボーネルンドへ

まずはコーポレートサイトをお読みください。

エントリーシートを
ダウンロード

ボーネルンドで働く人たち

山部夏実

山部夏実

ある一日の流れ

9:30 出社 1日のスケジュールを確認・海外メーカー等からのメールチェック
11:00 日常業務 メーカーから倉庫へ届いた商品の確認と店舗への入荷案内
13:00 ランチ
14:00 部内ミーティング 業務進捗状況の報告・新商品を販売するまでに必要な業務の確認
16:00 日常業務 検針業者への商品手配、商品説明書の翻訳・作成など
18:30 退勤

入社して最初に配属になったのは、あそびのせかい マークイズみなとみらい店のショップでした。毎日のように訪れてくださるお客様とコミュニケーションをとり、まるでご近所のお子さまの成長を見守っているように、楽しみながら店頭に立っていました。いっぽう、様々なお客様とのコミュニケーションをとることは、想像以上にセンシティブになる必要もありました。学生時代にはそのような経験をしたことが無かったので、私にとっては難しさを感じる一面もあり、先輩には何度も相談にのっていただきました。
しかし、商品のご説明をした時に親御様が「このあそび道具は、私の子どもにとって、このように良いかも!」と、お子様の成長に関する新たな発見をしてくださることもあり、感動することがたくさんありました。これは店頭でしか得られない経験です。

現在所属している商品部では、商品説明書の作成や、店舗スタッフに向けた商品情報の整備など・・・海外から輸入した商品が、店頭に並び、お客様に届ける為に必要な業務を行っています。商品仕入れ部門というと、海外へ買い付けに行くといった華やかなイメージがありますが、実際の業務は大きいものから小さいものまで多岐にわたり、煩雑な業務で成り立っています。大変なことも多いですが、自分の関わった商品が店頭に陳列されている様子を見ると、大きな達成感があります。

少子高齢化に伴い、大人中心の社会になっても、子どもが子どもらしく生きられるように、ボーネルンドの一員として、良いあそび道具やあそび場を、広めてゆきたいと考えています。
その為にも、会社の最前線である店頭で接客をするスタッフの皆さんへ、わかりやすく商品情報を整理し伝えることは商品部が担う大切な役割の一つです。先輩に手ほどきを受けながら、分かりやすい発信ができるよう、日々努めています。

ボーネルンドで 働く人たちトップページにもどる

エントリーシートを
ダウンロード