会社案内

ボーネルンドHISTORY

1977年。当時のヨーロッパでは、子どもの権利やあそびの大切さがあたりまえのように根づいていました。それを象徴するように、子どものまわりには豊かなあそび環境がありました。同じ頃日本では、子どものあそびはそれほど真剣に考えられていないようでした。「遊具や玩具の開発に、もっと子どもの成長のためという視点を持ちたい。日本でもヨーロッパと同じように、豊かなあそび環境を子どもに届けたい」そして「あそびを通じて子どもの健やかな成長を応援したい」と強く思ったのです。こうして、ボーネルンドのあそび環境づくりはスタートしました。

  • ボーネルンドグループ創業

    あそび環境の向上をめざして

    ボーネルンドグループ創業

    日本にも、北欧を中心とした海外の優れた色・デザイン・安全性の遊具が必要と考え、ボーネルンドグループが始まりました。子どもが思いっきり遊べる環境作りの研究を皮切りに、屋外用木製遊具の輸入販売業を開始。鉄製遊具の多い国内で木のぬくもりやデザインが高い評価を受けました。

  • ボーネルンドショップ第1号店をオープン

    あそび道具の価値を追求

    ボーネルンドショップ第1号店をオープン

    良質なあそび道具をたくさんの子どもたちに届けるため、ボーネルンドショップ第1号となる直営店(ボーネルンド心斎橋店)をオープンさせました。「オモチャではなく、あそび道具」との観点から、子どもにとって本当に価値のあるあそび道具を追求。自社ショップの展開によって、消費者に直接製品の魅力やあそび方を伝えられるようになりました。

  • ユニバーサル・プレイシングの開発

    少子高齢社会を見据えて

    ユニバーサル・プレイシングの開発

    少子高齢化が進むなか、高齢者・障がい者に対し、元気でいきいき暮らすためのサポートをするヨーロッパの考えに着目しました。そしてこの年、ユニバーサル・プレイシング(シルバー遊具)商品の開発をスタート。対象年齢「0~99歳」といったあそび道具は、後の「頭を鍛える世界のあそび」をテーマにした「ブレイニーストア」の誕生にもつながっています。

  • ボーネルンド本店を旗艦店として開設

    原宿から、より幅広いブランド認知へ

    ボーネルンド本店を旗艦店として開設

    当時、一般的な遊具売り場は百貨店などの上層階といった空中店舗がほとんどで、遊具や子ども服のショッピングを目的とした特定の人たちだけが訪れる場所でした。もっと多くの人にボーネルンドを知ってもらいたいと考え、ボーネルンドショップを路面店として原宿にオープン。人通りの多い原宿で、親子連れや将来子どもを持つであろう若者たちなど、より幅広い人たちにボーネルンドを知ってもらうことができました。

  • ニューヨークの同時多発テロ発生

    すべての子どもたちにあそびを

    ニューヨークの同時多発テロ発生

    テロの発生を受け、世界中のすべての人たちが大人になっていく過程で「心豊かに遊べる子ども時代があれば、こんなことにはならなかったのでは」と、改めてあそびの重要性を見つめ直すことにつながりました。「あそぶことは生きること」という理念を、全社員で再共有し、強く意識するきっかけになったのです。

  • 「あそびのせかい」を企画・運営

    大型屋内あそび場施設の黎明期

    「あそびのせかい」を企画・運営

    子どもの運動能力やコミュニケーション能力の低下から、あそび環境の大切さを強く感じていたころ、北九州市から屋内遊び場の企画運営を依頼されました。1年以上かけて世界各地のあそび環境を調査し、結果として7,000㎡という世界最大級の室内あそび場を作り上げることに成功しました。運動遊びのほか、砂場やままごと遊び、考える遊びなど多様なあそびを盛り込み、当初のオープン期間3カ月間で想定を大きく上回る36万人が来場。会期は1年8カ月に延長されました。

  • 「ボーネルンドあそびのせかい」を開設

    ショップと室内あそび場を
    組み合わせ子育てをサポート

    「ボーネルンドあそびのせかい」を開設

    委託事業だった「あそびのせかい」の成功を受けるも、いまだ日本の子どもにとって「時間、仲間、空間」の不足が解消されていないと感じた私たち。ボーネルンドショップと屋内あそび場「キドキド」からなる施設を横浜みなとみらいにオープンしました。子どもたちのあそび場であるというだけでなく、インストラクターやプレイリーダーの存在によって親たちの子育てのサポーターとしても役立てる場となり、店舗は全国へ広がっていきました。

  • 「前橋プラザ元気21」をオープン

    地方行政による
    子育て支援施設にノウハウ活用

    「前橋プラザ元気21」をオープン

    地方の行政サービス向上が求められるなか、群馬県前橋市が空きビルとなっていた地上7階の建物を「市民が集まる場」として再生することに決定。公民館や専門学校、図書館とともに、ボーネルンドがプロデュースする屋内あそび場が設置されました。子どもは遊び、親は運営スタッフに悩みを相談できるという子育て支援の拠点となり、ボーネルンドにとって公共施設にあそびのノウハウを活用した大きな実績となりました。

  • 小学校校庭にあそび場をプロデュース

    教育現場への研究応用で実績

    小学校校庭にあそび場をプロデュース

    立教女学院小学校の校庭リニューアルに伴い、「体を動かすあそびとコミュニケーションを促す校庭」を提案し、プロデュースしました。成長段階や体力に応じたさまざまな体の動きを引き出せる企画で、「異年齢交流が盛んに行われる」「休み時間に充分体を動かすので授業中の集中力が増した」等の結果が出ました。小学校以上の教育にもボーネルンドのあそびの研究を効果的に反映させられることが示され、現在は全国の小学校に応用が拡がっています。

  • 「ペップキッズこおりやま」をプロデュース

    東日本大震災の被災地支援

    「ペップキッズこおりやま」をプロデュース

    震災後、被災地の子どもたちは屋外の行動が制限され、あそびのための「時間、仲間、空間」が激減。原発事故の影響を気にせずに遊べる環境づくりが急務となりました。私たちは地元企業や医師らと組み、砂場やランニングトラックといった外遊びの要素を取り入れた屋内あそび場「ペップキッズこおりやま」を、クリスマス前にオープンさせることができました。現在も、人材育成や運営サポート等の支援を継続しています。

  • 「ボーネルンドプレイヴィル」を開設

    屋外あそび場を併設し、
    新しい公園を提案

    「ボーネルンドプレイヴィル」を開設

    都市を中心に、屋外のあそび場は減少しています。子どもの大切な外遊びの場となり得るはずの公園は、安全が確保されていなかったり行動が制限されたりと、あそび場としての機能が失われつつあります。ボーネルンドは、子どもたちが安心して自由に、屋外の自然を感じられるあそび場を提供するため、新しい形の公園を作りました。砂や水を使って遊べ、自然を感じられる屋外ゾーンを屋内あそび場に組み合わせた施設です。地域の人々の交流の場にもなっています。