UNIQLO PARK横浜ベイサイド店

神奈川県横浜市

地域に開かれた屋上の「公園」を実現

  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店
  • UNIQLO PARK横浜ベイサイド店

「PLAY FOR ALL」をテーマとした、屋上公園
「UNIQLO PARK横浜ベイサイド店」および「ジーユー UNIQLO PARK横浜ベイサイド店」は、神奈川県横浜市の「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」に隣接した地上 3 階建ての新しい店舗です。「PLAY」をコンセプトに、地域の憩いの場にもなるよう、ユニクロとジーユーとして初めて屋上に約2700㎡の公園を備えました。トータルプロデューサーの佐藤可士和氏が「店舗が公園になっている」というグランドコンセプトを構築、建築家の藤本壮介氏が基本構想とデザイン監修を行い、当社はあそび環境の開発ノウハウを生かして屋上公園づくりを支援しました。
ボーネルンドは、「あそび」は子どもの発達に必要なのはもちろん、すべての人にとって大切な、生きる力の源であると考えています。今回の屋上公園づくりにあたっては、高機能・高品質な服を通じてあらゆる人の生活を豊かにしたいと考えるユニクロの「LifeWear」の理念のもと、そこで暮らすすべての人のための、毎日来たくなる暮らしの場所「PLAY FOR ALL」のコンセプトを提案しました。 多様性のあるあそびの機能、すべての人の憩いの場となるようなゾーニングを提案するとともに、すべり台やネット遊具などの遊具の提供を行いました。

屋上ならではの課題を乗り越え、地域に開かれた「公園」を実現
屋上に「公園」を実現するにあたっては、荷重制限や耐熱、すべり台の斜度など、たくさんのクリアすべき課題がありましたが、これまでの 40 年以上にわたるあそび環境づくりのノウハウを集約し、楽しさと安全性、実現性の両立を図りました。こうして完成した「公園」は、屋上、段差という条件が持つ縦の動線を存分に活かし、すべり台やクライミングなど異なる機能を持たせることであそびの連続性を生み出し、子どもたちが全力で体を動かすあそびを楽しめる環境となりました。
最上階の屋上は、アクティブに遊びたい6才以上の子どもが楽しめるゾーンに。国内で初導入したデンマーク コンパン社のネット型運動遊具で、多様な身体の動きを体感しながら遊べます。このネット遊具の上から見る景色は素晴らしく、海側には爽快に広がる水平線、陸側に目を向けると晴れた日には富士山をのぞむことができます。
2階、1 階の屋上には、親子連れはもちろん多世代の方々がくつろげるよう、乳幼児や低年齢向けの遊具に加え、休憩スペース、イベントスペースを備えています。イベントスペースでは季節に応じた活動を行うことで一層の賑わいをもたらしたり、そこに集う人同士の交流を促したりと、まさに「公園」としての機能を果たすことができます。
商業施設に「公園」という公共性のある空間を実現したこの取り組みは、2020 年 6 月のオープン以来、ファミリーだけでなく地域の幅広い層の住民に支持をされ、地域の賑わいを創出しています。地域コミュ二ティたる商業施設の新しい在り方、公園の新しい在り方の両面で、新たな可能性を示しています。

商業施設

2020年4月  /  1001㎡以上

その他の商業施設実績