七里ふたばこども園

埼玉県さいたま市

樹齢300年の木々を生かした
豊かな緑が広がる、埼玉県初の新設認定こども園

  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園
  • 七里ふたばこども園

幼稚園と保育園が一緒になった新しい試み
「七里ふたばこども園」は、さいたま市見沼区で2016年4月に開園された新設の幼保連携型認定こども園です。教育・保育を一体としてとらえ一貫して提供する施設で、幼稚園と保育園の両方のよさを併せ持っているのが特徴です。就学前のこどもに幼児教育・保育を提供する機能と、地域における子育て支援を行う機能を備え、国の認定基準を満たした「認定こども園」のうち、単一の施設で幼稚園的機能と保育園的機能を併せ持つものを「幼保連携型認定こども園」と言い、同園は新設としては埼玉県で初となります。

園庭の木々を中心に大型総合遊具を展開
七里ふたばこども園の園庭には、樹齢300年と言われる江戸時代から続くシンボルツリーがあります。その下に、自然木を生かしたドイツ・ジクホルツ社の遊具を設置。ドイツでは主流の遊具ですが、日本ではなかなか見られないものです。固くて、ささくれができにくいロビニア材を採用し、上ったり、ぶら下がったり、昔の子どもたちが木登りをして楽しんだ感覚で、木漏れ日の中で遊んだり寝転んだり、のびのびと過ごすことができるアスレチック遊具です。
この「自然の森」を含んだ1000m²の広い園庭には、いろいろな工夫が散りばめられています。0歳から5歳までという幅広い年齢の子どもたちが楽しめるよう、考え抜いて作られた独創的なデンマーク製遊具を設置。階段を上る、滑り台を滑り降りるなど、体の動かし方が切り替わる箇所ごとにパーツの色を意図的に変えるなど、視覚的に分かりやすくつくられています。さらに秘密基地のようにあそべる『ぼうけん小屋』や、ボルダリングができる『こどもの森』、夏は水あそびが楽しめるコンピューター制御の噴水『水と緑のきらめき広場』など、年齢に合わせて、それぞれが楽しく遊べるような工夫を施しました。
自然の木々をそのまま生かした広大な敷地に広がる、あそびのスペース。伸び伸びと健やかに学べる環境が、元気で心豊かなこどもたちを育んでいきます。

こども園・幼児教室

2016年4月  /  〜1000㎡

その他のこども園・幼児教室実績